東京にある甲状腺専門病院の特徴と傾向

甲状腺とは喉仏のすぐ下にある臓器で、食べ物に含まれているヨウ素を元にホルモンを作り出し血液中に分泌しています。このホルモンには体の成長を促したり、全身の細胞の新陳代謝を活発にしてエネルギーを生み出す働きがあります。また、脳を活性化したり体温を調節する働きもあると言われています。そのため機能が低下してしまうと、ホルモンが過剰に分泌されたり少なすぎたりするので体に様々な不調が現れます。安静にしていても動悸がしたり、さほど暑くもないのに汗を沢山かいてしまったりします。それから体がだるいと感じたり、理由もなくイライラすることもあります。生理不順が起こったり、冷え性やむくみの症状が出たりすることもあるようです。東京には、そういった病気を専門に扱うクリニックが色々あります。

専門性を活かした高度な医療を提供

東京は日本の首都なので、地方から多くの人が集まっています。人口も集中していますから、その分病院も多くあります。地域のホームドクターとして幅広い分野の診療を行っているクリニックもありますし、専門分野に特化しているクリニックもあります。総合病院などもありますが、他からの紹介状がないと診察してもらえなかったり特別料金が発生する仕組みになっています。これは大病院の機能を分化して、効率的な医療を提供するために生まれた制度です。東京には甲状腺専門病院も色々あります。専門性を活かした高度な医療を提供しています。まずは症状を丁寧にカウンセリングし、血球算定検査・ホルモン検査・生化学検査などを行います。正確な状況を把握して、その状態に合った治療を行っていきます。

どんな治療法があるのか知りたい

甲状腺疾患の治療には、薬物療法・手術・リニアック・アイソトープなどがあります。薬物療法では、主にホルモン量が過剰な時に用いる薬と不足している時に用いる薬の2種類を使用します。機能が高まりすぎる疾患であるバセドウ病の場合には、甲状腺を切除する手術を行う事もあります。また、悪性腫瘍ができている場合にも手術によって取り除く治療が行われます。アイソトープは、放射性ヨウ素を内服する治療法になります。バセドウ病やガンの治療に用いられます。リニアックは悪性リンパ腫やガンなどに用いられる治療法で、放射線を病巣部分に照射して破壊する方法になります。腫瘍細胞だけを破壊することができ、正常な細胞を傷つけることはありません。ただし、副作用の症状が生じることはあります。